法師の部屋弐
遊戯王、ポケモン、ガンダム、ネギま!感想など幅広く扱っております。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポケモンダイヤ物語1
はい、クリアしてから日もたっていますが、せっかくなのでフィクションを混ぜて物語にしてみました。長編にできるはずもないのでひどく読みにくいですが。
ポケモンダイヤ攻略物語1 始まりの刻


「赤いギャラドズを追え!」今テレビでやっていた番組だ。よし、友達のゆうすけにも話してやろう。そう思ってゆうすけの家まで遊びに行く。と、ドアでゆうすけとぶつかってしまった。どうやらゆうすけもあの番組を見ていたようだ。シンジ湖に行ってみよう。と誘ってきて「遅れたら罰金100万円な」と言ったくせに忘れ物をしやがった。しょうがないから迎えにいくと罰金が10倍になってた(汗)。というわけでシンジ湖に二人で向かうことになった。
シンジ湖ではなにやら見覚えのない二人組みがいた。話を聞いてみるとはかせと助手、らしい。怖そうな博士と女の子だった。二人が帰った後、かばんが落ちている。「落し物らしいぜ」でもどうしよう。あの「博士」ってどこに住んでいるんだろう?かばんを持って考えていると、突然ムックルが突っ込んできた!!
あわててかばんを落としてしまった。しかしその拍子に開いてしまったみたい。中から出たのはなんとモンスターボール!しかも中にポケモンが入った状態の、だった。サルに似たポケモンとカメ?に似たポケモンとペンギンに似たポケモンだ。ゆうすけは無造作にペンギンに似たヤツ―ポッチャマを掴む。そうだ、選んでいる場合でもない。とりあえず身軽そうなサルに似たヤツ―ヒコザルを掴み、ムックルに立ち向かわせた。
ひっかく攻撃でなんとかムックルは倒せたものの、さすがに緊急避難とはいえ他人のポケモンだ。まずい。「もうすこしコイツといたいっていうか」ゆうすけはそう言うが帰ることにする。後もう少しでフタバタウンに帰り着く・・・といったところで「ゲッ」あの博士と助手がいるではないか。「ちょっと見せなさい」というと「ふーむ」とうなづき、マサゴタウンの研究所まで連れてこられた。ゆうすけが「逃げようぜ」との視線を送ってくるが、この状態じゃ逃げてもどうにもならない。博士は「ナナカマド博士」が名前で女の子は「ヒカリ」と言うらしい。研究所に着くと「この子はなついているからやろう」と言われた。素直にうれしい。そしてポケモン図鑑の完成を頼まれる。「よ~し、まかせてよ」ゆうすけはもう飛び出していった。「あいつめ、ポケモンずかんを受け取らずに行きおった。(汗)ほうし!とりあえず母親に相談して来なさい。」
ショップでモンスターボールを10個買っておく。プレミアボール1個のおまけがついてきた。フタバタウンに帰りつつビッパ、ムックルをゲット。性格も攻撃・すばやさが低くならない性格のようだ。フタバタウンに帰り着きポケモン図鑑完成を目指して旅をすることを母親に告げると、賛成してくれた。これもナナカマド博士の知名度か!?とゆうすけの母親がやってきた。どうやらまた忘れ物をしたらしい。しょうがないからゆうすけに届ける役目を引き受けるか。
ふたたびマサゴタウン。マサゴタウンの西がフタバタウン。南は海。北にもう一本道路がある。海パン野郎(怪パン野郎?)でもなく、ウワサのポケモンに乗る技も持たない自分は素直に北に行くことにする。・・・とヒカリがいた。見よう見まねでさっきはやったが、とりあえずポケモンの捕獲を教えてくれるそうだ。ビッパを捕まえて、やってみろ、とばかりにモンスターボールを5個くれた。教えの通りやってみよう・・・野性のコリンクがいた。なんか電気タイプのようだ。教えてもらったとおりにやって捕まえる。「そう。上手。じゃあ私は先に行ってるね。」ヒカリは言ってさっさと進む。さあ、自分も別にとどまる必要もないし先へ進もう。


________________________________

はい、こういうの初めて書いてみました。冒頭にも書いたとおりフィクションをかなり混ぜています。大体ヒカリはお手本を見せるだけだし。
博士・・・オヤジっぽい!?オダマキ博士、気が弱そう!?ウツギ博士、我らがオーキド博士らに比べてかなり怖そうです。というかオーキド博士の先輩みたい。オーキド君呼ばわりだし。
時代・・・赤いギャラドスや、途中のタマゴをくれるおじさんのウツギ博士の発表からすると金・銀と同じくらいか。金・銀は赤・青・緑の何年後だっけ?
助手の子供・・・主人公が男なら女の子でヒカリ。主人公が女の子なら男の子でコウキ。
ライバル・・・かなりのせっかち。主人公にドンとぶつかることなんて日常茶飯事。ポケモン図鑑を貰わずに行っちゃったことは後日明らかになる。
ポケモン・・・実はどういうワザを覚えるかわからなかったので「とくこう」「こうげき」「すばやさ」の下がらない性格が出るまで大変だったとか。
性格・・・例として「いじっぱり」だととくこうが下がる代わりにこうげきが上がりやすいとか。
実際は・・・コラッタ、オタチ、ジブザグマのように序盤のポケモンは後半力不足になりやすいのでビッパは育てる気はなかった。ムックルは「そらをとぶ」の秘伝マシンがあるはずだし育てた。


意見とか質問とか攻略に関しても受け付けますよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
neo道因法師の
neo道因法師の、クリアしないです。
neo道因法師とクリアする?
2006/10/19 (木) 14:22:41 | URL | BlogPetのふじ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
メディアファクトリー という出版社が、「ポケットモンスター ダイヤモンド パール 公式ぜんこく図鑑完成ガイド 」を今月下旬から売り出した。著者/訳者名 元宮秀介、ワンナップ/編著。ISBN:4-8401-1762-4。価格 945円(税込)。719頁。◆第一号のコメント まったり主婦
2007/01/01(月) 00:19:34 | ポケモンダイヤモンド@最新情報
温泉博士ってご存知ですか? この温泉博士とは、何も温泉に詳しい人を指す言葉ではありません(笑) これは、九州・中国・四国・近畿・東海・北陸エリアで販売されている温泉専門誌のことです。 この温泉博士は、九州・中国地方を中心とし
2007/03/24(土) 10:12:29 | 日帰り温泉ガイド
copyright © 2005 法師の部屋弐 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。